↓健康に関するブログはこちらにもたくさんあります^^↓
にほんブログ村 健康ブログへ

2012年11月26日

母のビタミンC不足は胎児を苦しめる :世界の最新健康・栄養ニュース

母のビタミンC不足は胎児を苦しめる :世界の最新健康・栄養ニュース http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=37733&-lay=lay&-Find @khir0taさんから

>妊娠中のモルモットを無作為に2群(1kgあたり900mgのビタミンCを摂取する高用量群と1kgあたり100mgのビタミンCを摂取する低用量群)に分けて調べたところ、ビタミンCの不足は胎児の海馬の発達を10〜15%妨げていることがわかった。


妊娠中の母親のビタミンC不足によって子供の記憶力が低下する可能性があるということですね。
厚生労働省が定める成人男女の推奨ビタミンC摂取量は100mgですが、これこの実験結果からすると相当少ないんですよね。
厚生労働省の妊婦のビタミンC追加摂取量は12mg、授乳婦で46.8mgとされています。


おすすめサプリはこちら



posted by 大前伍長 at 06:21 | Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

アセチル-L-カルニチンの長期投与でマウスののエネルギーレベルとノルアドレナリン、セロトニンの濃度が上昇する。

アセチル-L-カルニチンをマウスに体重1kgあたり0.5gを25日にわたって与えた結果、脳内のグルコースから乳酸への変換が減少し、海馬のノルアドレナリン濃度と皮質のセロトニン濃度が上昇した。
また海馬のGABAは減少しミオイノシトールは増加した。


Neurochem Int. 2012 Jul;61(1):100-7. doi: 10.1016/j.neuint.2012.04.008. Epub 2012 Apr 23.
Chronic acetyl-L-carnitine alters brain energy metabolism and increases noradrenaline and serotonin content in healthy mice.
Smeland OB, Meisingset TW, Borges K, Sonnewald U.



セロトニンとノルアドレナリン濃度の上昇はうつにはよさそうですが、GABAは減っていますね。
また体重1kgあたり0.5gっていうのも結構な量ですが、実際に人間が飲む量でどれだけ変化があるかですね。



アセチル-L-カルニチンのおすすめサプリはこちら


お試しサイズ


posted by 大前伍長 at 23:43 | Comment(0) | サプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GABAは飲んでも脳に入れない

GABAで検索するといろんな商品が出てきます。なかには食品から摂取したGABAは血液脳関門を通過して脳に到達すると書いているものもあります。論文を検索してみましたがそんな論文でてきません。
逆に脳で合成されたGABAは血液脳関門を通過できるみたいですが逆は無さそうです。


けど、なぜかGABAは高血圧を下げる。脳以外の場所で作用しているのは明らかです。不安に効くかはわかりません。ただ、風呂に入るとリラックスできるように血圧が下がればそれが信号になってリラックスに導かれるということはあるかもしれませんね。

毎日の運動で(トレッドミル、ルームランナー)で軽い運動をさせたマウスの脳内でGABA濃度が高くなったという文献は見つけました。運動はいいものですなあ。



タグ:GABA 高血圧
posted by 大前伍長 at 01:48 | Comment(0) | サプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。