↓健康に関するブログはこちらにもたくさんあります^^↓
にほんブログ村 健康ブログへ

2013年09月29日

ω-3(オメガ3)系脂肪酸とテロメアの関係

テロメアというのはDNAの末端に位置していて、これの長さが細胞の健康状態や寿命に大きく影響してきます。テロメアは細胞分裂(新陳代謝)のたびに短くなっていくだけでなく、酸化ストレスや炎症、精神的ストレスなどによっても短くなっていきます。テロメアが短くなってくると細胞の代謝が衰え新陳代謝が衰えてくるだけでなく、全身の老化や病気につながってくるとされています。テロメアはテロメラーゼという酵素で修復されますが、人間の通常の細胞にはテロメラーゼはほとんどありません。テロメラーゼ活性を獲得すると細胞は無限に増殖していきます。がん細胞もテロメラーゼ活性を持つものがあり、これが無限に増殖して体を蝕んでいきます。


Omega-3 fatty acids, oxidative stress, and leukocyte telomere length: A randomized controlled trial.
Kiecolt-Glaser JK, Epel ES, Belury MA, Andridge R, Lin J, Glaser R, Malarkey WB, Hwang BS, Blackburn E.

この研究は二重盲検試験によってωー3系脂肪酸の補給がテロメラーゼ活性に与える影響について検討しています。ω-3系脂肪酸を2.5g、1.5g与える区と偽薬を投与する区で比較しています。ω-3系脂肪酸を投与した人たちは明らかに酸化ストレスは減少しましたが、処理区間でテロメアの長さとテロメラーゼ活性への影響というのは統計的には出ませんでした。しかし、体内のω-6系脂肪酸/ω-3系脂肪酸比率が低いほどテロメアが長くなることがわかりました。


ω-6系脂肪酸の代表的なものはリノール酸で、健康によいと言って大々的に売り出されていましたね。サラダ油などに多く含まれています。この油はコレステロールを増やさないということで流行りましたが、悪玉コレステロールを下げる代わりに善玉コレステロールも下げてしまうことや、炎症性サイトカインの原料になるということが今は明らかになっています。
ω-3系脂肪酸はDHAやEPAが有名ですが、ほかにもシソ油、エゴマ油、亜麻仁油に多く含まれるα-リノレン酸も含まれます。こちらは炎症を抑える働きがありますが、酸化されやすいので揚げ物に使うと効果が大幅に薄れてしまいます。健康目的での使用は生で新鮮なうちに使わないといけません。扱いにくい面がありますね。

現代の食生活ではω-6系脂肪酸/ω-3系脂肪酸の比率が非常に高くなっています。できるだけこの値を下げて3/1くらいにするのが理想的とされています。

揚げ物はできるだけ食べない。自分で調理するときはオリーブオイルかキャノーラ油、ごま油で揚げるなどすることでその比率を下げていくことができると思います。青魚も積極的に食べましょう。サプリも便利です。

こういった努力を続けていくことでω-6/ω-3の比率を下げることができて細胞から全身までの健康と寿命をのばすことにつながっていくと思います。炎症反応であるアレルギーや喘息の抑制にも効果的だと思います。
ω-3系脂肪酸のおすすめサプリ。アメリカ製がやはり品質やコスト的に優れています。でもどうしてもアメリカ製は不安だという方は日本製でもそこそこの物があります。




日本製



posted by 大前伍長 at 03:16 | Comment(0) | DHA(ω-3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。