↓健康に関するブログはこちらにもたくさんあります^^↓
にほんブログ村 健康ブログへ

2012年06月18日

ゴツコラ(ツボクサ)の不安障害への適用

ゴツコラツボクサ;Centella asiatica)は、インドのアーユルヴェーダで用いられるハーブ。
コラーゲンの合成を促進する作用があり、ヨーロッパでは傷薬にも配合されている。また、中枢神経への作用もあり、動物実験では神経成長作用が認められている。

今回の実験はこのゴツコラを不安障害患者33人に投与した。
ゴツコラエキス500mgを1日2回食後に投与し、0日目、30日目、60日目にBPRS(Hamilton's brief Psychiatric Rating Scale)で評価した。
結果、不安の減少、ストレス反応とそれに関連するうつ症状、適応への意欲、認知力の改善がみられた。

※小児への投与や大量摂取は控えてください肝毒性の報告があります。アレルギー症状の報告もありますので、最初は少量から。

【参考文献】
A clinical study on the management of generalized anxiety disorder with Centella asiatica.
Jana U, Sur TK, Maity LN, Debnath PK, Bhattacharyya D.





posted by 大前伍長 at 23:49 | Comment(0) | ゴツコラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。