↓健康に関するブログはこちらにもたくさんあります^^↓
にほんブログ村 健康ブログへ

2019年04月28日

HMBという筋肉を付きやすくする成分

HMB(Wikipedia)

前から分岐鎖アミノ酸を摂取すると筋肉の合成が促進されると言われていましたが、どうやらこれが原因っぽいですね。分岐鎖アミノ酸の一種ロイシンが代謝されるとできるHMBが筋肉の合成促進、分解抑制の作用を持っているようです。

筋肉をつけたい!!って人以外におすすめなのはもちろんですが、脳のためにもよいかと思われます。
筋肉の合成が促進されるということは、血中の分岐鎖アミノ酸が筋肉に取り込まれる結果、血中の分岐鎖アミノ酸濃度が下がって、分岐鎖アミノ酸:トリプトファンorチロシンorフェニルアラニンの割合が変化するからです。

神経伝達物質の材料となるアミノ酸(トリプトファン、チロシン、フェニルアラニン)の割合が高くなると、それだけ効率的に脳に取り込まれて、神経伝達物質が合成されるようになると考えられます。

※あくまでわしの仮説です。



posted by 大前伍長 at 23:44 | Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。