↓健康に関するブログはこちらにもたくさんあります^^↓
にほんブログ村 健康ブログへ

2013年08月14日

一度に何個も作業をすると効率が下がる

「マルチタスク」は本当に悪いのか、科学的に解明してみた


私もオンラインゲームをしながらネットの生放送を見ながらツイッターやフェイスブックの確認をしながらニュースを見るといったことを毎日して来ましたが、こういった並行作業(マルチタスク)が実は効率を下げていたんですね。しかもマルチタスクを続けても脳の切り替えの能力が上がるかというと逆に下がるという結果が出ています。まったく無駄なことをして来ました。

また、マルチタスクには精神面への悪影響もあることが報告されています。
マルチタスクはうつ病を悪化させる?

じゃあ作業と作業の間(たとえばツイッターを見るのとニュースを見る作業の間)をどれくらい開けて各作業にどれくらい集中すればマルチタスクの弊害が軽減されるのかっていうのが気になりますね。ひとつの作業中に他のことが気になってそっちに注意を向けてまたすぐもどるっていうのは明らかなマルチタスクですよね。

ツイッターを見るときは他の事から離れる(ブラウザーは閉じるとか)、見終わったら次に気になることをするといった方法がいいようですね。




posted by 大前伍長 at 03:16 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠不足で肥満になりやすくなるという脳のメカニズムを解明



睡眠不足になると脳の食欲を抑える部分の活動が低下して渇望(空腹)に関する部分の活動が活発になってお腹が空くうえに、よりカロリーの高いものを食べたくなるから太るということらしいですね。

以前には睡眠不足によって食欲を抑えるレプチンというホルモンの分泌が減って、食欲を強めるグレリンというホルモンの分泌が増えるっていう研究結果もありました。

痩せたい人はしっかりと睡眠をとって食欲が無駄に湧いてくるのを抑えるのが賢明ですね。

【送料無料】食欲の科学 [ 櫻井武 ]

【送料無料】食欲の科学 [ 櫻井武 ]
価格:861円(税込、送料込)

posted by 大前伍長 at 00:30 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

ミカン皮が脳神経守る 脳梗塞治療に期待

ミカン皮が脳神経守る 脳梗塞治療に期待(MSN産経)

みかんの皮に含まれるヘプタメトキシフラボンを投与することで脳由来神経栄養因子の濃度が高まって神経細胞の死滅を防ぐのだとか。ただ、みかんの皮に入っているヘプタメトキシフラボンの濃度は低すぎるのでみかんの皮を食べても効果はないと。

みかんの皮といえば漢方薬で陳皮と言って七味唐辛子にも入っていますが、この陳皮にアルツハイマー病を予防する効果がるかもしれないという研究成果が出ています。

脳由来神経栄養因子といえば当ブログでもたまに出てきますが、DHAとクルクミン、運動でも濃度が増えるので積極的に摂っていきたいですね!



posted by 大前伍長 at 17:44 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。