↓健康に関するブログはこちらにもたくさんあります^^↓
にほんブログ村 健康ブログへ

2015年09月22日

アシュワガンダ濃縮エキス投与がストレス、不安を軽減した。

Indian J Psychol Med. 2012 Jul;34(3):255-62. doi: 10.4103/0253-7176.106022.
A prospective, randomized double-blind, placebo-controlled study of safety and efficacy of a high-concentration full-spectrum extract of ashwagandha root in reducing stress and anxiety in adults.

信頼できる実験データです。二重盲検テスト(サプリを渡す側も飲む側もそれが本物か偽薬かわからない状態で行う。プラシーボ効果が出にくい)による成人のデータです。

300mgの濃縮アシュワガンダエキスの入ったカプセルを1日2回にわけて60日飲んでもらったところ、対照群と比べてストレス尺度が減少し、さらに血清中のコルチゾール濃度も有意に減少した。
また、深刻な副作用もなかったようです。
ちなみに妊婦の方は服用してはいけません。

コルチゾールはストレスを感じた時に副腎皮質から放出されるホルモンで、血糖値を上げるなどしてストレスに対抗するためのホルモンですが、慢性的にストレスを受けてコルチゾールの濃度が高い状態が続くとその制御が効かなくなってきてずっと高い状態のままになってしまいます。そうなるとコルチゾールには神経毒性があり、脳の海馬あたりからダメージを受けてきます。そしてうつを発症すると言われています。うつの負の連鎖を断ち切る一つの手段として高いままのコルチゾール濃度を下げてやる方法が考えられています。




posted by 大前伍長 at 01:43 | Comment(0) | アシュワガンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

Amazonでアシュワガンダが買えるようになりました

今まで取り扱いがなかったのですが、amazonでアシュワガンダが買えるようになりました!

amazonアシュワガンダ

posted by 大前伍長 at 10:54 | Comment(0) | アシュワガンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

がん細胞の増殖抑えるインドの薬草 産総研が効果確認



日本の研究機関(産業総合研究所)がアシュワガンダの研究をしていたことが驚きでした。
アシュワガンダの抗がん作用はこれまで報告されていますが、どこに作用するのかということは明らかになっていなかったのかな。
今回の研究ではウィザノンと呼ばれる物質が「p53」というガン抑制遺伝子を活性化させ、がん細胞の増殖抑制や正常細胞の老化防止を導くことが分かった。ということですね。
細胞の老化防止作用(アンチエイジング)まで明らかになってますね^^

しかし

産総研では、アルツハイマーやパーキンソン病へのアシュワガンダの効果についても研究を進めており、「健康補助食品や老化防止の化粧品の開発などにつなぎたい」としている。

としていますが、すでにアシュワガンダは医薬品に登録されてしまいました。まさに今回のウィザノン(Withaferin A)に急性毒性があるということでです。なので健康食品や化粧品に使うことはできないのではないかと思うのですが。。。海外から輸入することは可能です。
まあ急性毒性と言っても普通に摂取する量では全く問題ないのですが。有用なハーブだけに医薬品指定は残念です。

当ブログのアシュワガンダに関する記事はこちらからどうぞ




アシュワガンダ60カプセル
posted by 大前伍長 at 02:17 | Comment(2) | アシュワガンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。